ふわもこ*
今はのんびりまったり。植物育てを楽しんでます♪

前脚の爪肉芽

レメディーで自己治癒力が動き、血の流れがよくなってきた辺りから、爪肉芽になっている場所の近くにもう1つ腫れ物ができてきました。

北斗さんが自らの力で解決するために、レメディーの手助けで心や身体の老廃物を膿として身体の末端&1番外側の皮膚から排出しようと頑張っているという感じでしょうか。

皮膚は排出器官のひとつなので、好転反応が皮膚に症状として現れるのは見た目が辛いけど…ある意味いいことです。
ん~、まぁ… 加齢に伴う、いやおうなしの免疫低下で、ドバドバ排出できるほどもう新陳代謝よくありませんしね。
ぶっちゃけ、これが身体の内部にできないだけマシです。

しかし、この腫れ物、みるみるうちにプックリと腫れて中の膿が今にも爆発しそう…。

散歩後に前脚を洗っている際、状況をみながら同種のレメディー(化膿には化膿の)とか、応援レメディー&チンキ(細胞に活力を与えるティッシュソルト、血液浄化のエキネシアor消毒のカレンデュラなど)などでサポートできればいいかな~と思っていましたが、気付いた時にはもう爆発★

とりあえずTS-01を食前に摂らせ、様子を見ながら使えそうなレメディーの補充をガイドブック広げて考えていたのですが…、急遽、手持ちのレメディーから エイピス200c(プックリ赤く腫れている。気になるようで頻繁に舐めているから痒みもあるのかな?)を投与。

レメディーを口に入れると、北斗さんが珍しくペッと吐き出しながら食べていたので、あれ?ベラドーナorラカシスの方がよかったかな~(アーニカやハマメリスは、今ローテーションであげているサポートChi-megに入っているので候補から外した。)と、思っていましたがすぐに血が止まり、腫れも引きました。

レメディーは症状に近いものから選び、それがなるべくピンポイントになる方がいいのですが、あれもこれもと気になれば使ってokなところが素人でも扱えるよいところです。
北斗さんの自己治癒力が強かったことが何よりですが、その後、膿を出しきれるようにシリカ200cを投与。
カレンデュラクリームもぬりぬりしていますが、ペロペロ舐めるからあまり意味ないかも…

一旦は落ち着いていますが、キレイに腫れ物がなくなったわけじゃないので、引き続き臓器のサポートは継続しつつ、ペット05(たしか、炎症とカルシュウム吸収)をとらせながら、ティッシュソルトのへパソーファー,シリカ,ケーライ系などをしばらく単品で使ってみようかな~

前脚の爪肉芽

大事な前脚に腫れ物ができているというのに、日々の散歩では普通に歩いてバリバリ地面を掻くし、躓きながらでもあえてデコボコ道歩くし、草むら散策大好きだし…

ねぇ、痛くないの?と思います。

でも精一杯、今を楽しんで生きておられるなら何でもいいです。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2fuwamoko2.blog.fc2.com/tb.php/67-794530fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。