ふわもこ*
今はのんびりまったり。植物育てを楽しんでます♪

回想

生きていれば今日で10歳だなー
と、3年前 胃捻転で6歳の若さで亡くなった愛犬。

君と雪柳
プリンス♂(犬種:サルーキ)

彼は、射手座生まれらしく率直な方でしたね。
雄々しい立派な体格と、しなやかで瞬発力のある走りにいつも惚れ惚れして魅入っておりました。

同胎犬とのラン♪

精神的には超ヘタレで、敏感で脆いところがあり
(ホメオパスによるとエネルギーが弱すぎるとのこと。は?エネルギー?って感じでした 最初は。でも彼の血縁からも察するに、今思えばそもそも家系に問題ありだったかな~と。親兄弟親戚、なかなか大変な生き様だわ…。何より、代々予防接種ガンガン打ってるだろうし。)
留守にさせると、分離不安の破壊行動で毎日家の中がとんでもない有様。←3歳くらいである程度落ち着いたけど、成犬になってもそれは酷かったw

ケージぶっ壊してまふ★

大型犬の破壊行動って、とんでもなくすごい。
手先が器用なので、ドアを開けるのもケージから出るのもお手の物。

ドラマで事件現場のセットを毎回リアルに再現されているみたいでした。
あー、画像残しておけばよかったなぁ~
仕事から帰った私を、精神・金銭的に(糞尿で物をダメにするか、壊しまくるから)で、とことん追い詰めてくれましたよホント。

何というか、彼はもう…
やる事なす事すべてが規格外。
私にとって未知なことばかりを体験させてくれました。

また、原因のはっきりしない慢性の皮膚病になった経緯から、同胎犬を飼われているオーナーさんに、獣医&アニマルホメオパスでもある先生を紹介していただき、ホメオパシーによる代替療法を始めました。

定期的にホメオパスに掛かって、ケアに徹していましたが…
根本治療のための好転反応による、とめどない排出が長引きました。
やがて治療が4年目になろうとした頃、胃捻転にて悶絶死。

犬種からして胃捻転にはなりやすいとはいえ…
まさかそんなにも衝撃的な最期を迎えるとは……

あまりにも突然な死後、少しも完治させられないまま亡くならせてしまったという罪悪感が積り、これでよかったのか?どうしていれば改善させてあげられたのか?と必死に答えを模索する日々が続きました。
そんな心境だったので、当時はただ嘆き悲しむことよりも、“なぜ?”の方がデカかったかな…。

それは、改めて愛犬との関わり方を考え直す大きなきっかけにもなりました。
でも、やはり犬と飼い主は繋がりあっているからこそ、問題は少なからず私からの影響もあり(愛犬が出している症状とか特に。でも、犬も人と同じように薬じゃんじゃん使うから症状がより複雑化していくので、必ずしも「飼い主が~」とは思いたかないけど…。それでも親子でホメオパスに掛かるように、一緒に受けるのが理想だなって心底思う。)ちょこちょこホメオパスから「あなたにはコレね。」と、レメディーをチョイスしてもらっていたのですが何せ好転反応がハンパなく、同じように排出がキツくなれば犬の世話どころじゃない…。
しかし、私自身が抱える不調と向き合っていく必要を強く感じたので、しっかり健康相談を受けてもっと深いところをみていこうと決心がつきました。

そうして、私は私でその後のきつ~い好転反応にのたうち回りながら、内観し、心のこだわりを少しずつ流していくことで徐々に考えが変わってくるようになってきました。
でもまだまだ氷山の一角。
相変わらず不摂生な生活好きだし、自己批判しがちですが~ (汗;;;

亡くなってからずいぶん年月が経ってしまったけれど…

彼の壮絶な死が引き金になったことはいうまでもなく、出逢ったときからずっと私の成長を促す起爆剤だったよなぁと感謝しています。
もしも、何も手が掛からず問題もなければ、こうはならなかったでしょうね。
彼と過ごした日々を通じて、ありのままを受けとることの大切さを学ばせてもらえました。

すべては起こるべくして起こるもの。
占星術的にいえば、星の動きと生き様はつながってるーかな。
彼を躍起になって治療していた頃、ちょうど私のホロスコープの6ハウス(雇用・健康・衛生・義務・日課・管理・ペットなどを象意)に、困難からの学びの星である“土星”がながーく運行中でした。
私はここのハウスの幅が広いからガッツリ3年ありましたよ。…はは。

彼はそんな面倒な役目を引き受けて、よくもまぁ私を飼い主に選んでくれたものです。
(仔犬を見に行ったとき、白いサルーキに超憧れていたから4頭生まれた雄の中で、白に近い淡いクリームの子を選びたかったのだけれど…レッドのこの子が私の膝に乗って離れなくて選ぶ依然に、もうこの子で決定~みたいな笑)

近くの河川敷にて

彼の生まれた家は近所なので、いつまでも生家の母犬とオーナーを忘れずに恋しがっていたけど…

今頃…

獣のようにデカイと評判だった父犬と対面して(あっちでデカさ比べとかしてるー?)
深窓のお嬢様って感じの美犬ママに甘えまくって(ものすごく迷惑がられるよw ほどほどにね~)
弟達と、誰が一番早く走れるかって飽きもせずに爆走してたらいいな~

…なんて思います。


出逢えてよかった。

また逢える日まで!



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2fuwamoko2.blog.fc2.com/tb.php/62-79b4f467