ふわもこ*
今はのんびりまったり。植物育てを楽しんでます♪

めぐりめぐって

今年の年明け初日に、脚が動かなくなり一時期寝たきりになってしまった北斗さん。

このとき、体温が下がって循環器系なども悪くなり、特に下半身は冷たく一部硬化してしまうことがありました。

日々の介護とリハビリで、何とか順調に回復してくれましたが、やはりまた寒くなると血液循環が鈍りだし、下半身や耳などの先端(特に尻尾)が冷えるようになったので、ひざ掛けなどで覆うなどの体温調節が必要になってきました。

すでに、もう高齢犬なので、仕方がないことといえばその通りですが…

排出力や解毒力と呼ばれる、身体の中の不要な物を押し出す“自己治癒力”は、加齢と共に低下していくので、歳を重ねるほど排出できずに体内に溜まってしまいます。
なのに血液循環まで悪いとどんどん老廃物が溜まり、より排出されにくい身体へと急降下★

北斗さんはこの1年で、シミやイボや脂肪腫が増え、身体の中で排出しきれていない老廃物が溜まっているサインが次々と出てきました。

それに… 被毛たっぷりの北斗さんが低体温だと、幼少時から身体がとても冷たいシリカちゃんタイプな私は、正直ものすごい違和感というか危機的なものを感じてしまいます…。

今までは、何か症状があれば様子をみながらレメディーor定期的には臓器のサポートを~…と悠長に構えていましたが、もう常日頃からコツコツとトータル的な身体のケアが必要なんだわーと、実感しました。

ってことで…

身体の冷えには、まず脾臓・肝臓・腎臓・膵臓などの臓器をしっかりさせることが基本なので、毎日臓器サポートのレメディー(J・K-T・Hiz・Suiなど)をローテーション。
それから、血液のサポート(TS-01・Chi-meg・B-Bなど)、内分泌サポートとかもあげています。
血の巡りが改善されてきたら+α 脾臓をケアしつつサポートLymも使いたいと思う今日この頃…。

それらを意識して投与し続け、今で約1ヶ月ほどが経過しました。

ここ最近の厳しい冷え込みにもかかわらず、北斗さんは体温の維持ができ、寒い中散歩に行っても下半身が冷えていません。
(散歩は1日2回。1回の散歩は平均1時間~1時間半くらい。)
いや~ カチコチに凍てついてる私とはえらい違いだわ。←それでもホメオパシーやって平熱35.2℃から36.0℃になった。まだ低いけど…;;;

年齢とともに身体が衰えれば衰えるほど、血をキレイに流れさせることがとても重要に感じました。

今日のごはん

また、食事にはなるべく身体を温める作用のある食材を、ほぼ毎食入れるように心掛けていますが… 北斗さんこういうの大っ嫌いなんだよなぁ~  もうっ(泣)

で、そこにマザーチンクチャーをいろいろ組み合わせたいところです。
砂糖玉のレメディーは喜んで食べるけど、日々の食事には大変ムラっ気があるので、ほとんどやっとりませんが…。

あ、それから生姜も。
乾燥or加熱したものを与える方が身体を温めてくれるそうです。
(ショウガオールというらしい)
ほんの少量ですが、火を止める直前に擦って加えています。
また、犬の手作り食を応援しているサイトでは、炎症に良いとも紹介されていました。
人と同じく、犬にも炎症に良いとは知らなかったです。
それだと消化とか、腸にも良いのかな?

…まぁ、長年、鳥と犬に生姜のマザーチンクチャー、ペット10&ジンジバーJを愛用しまくっているので何を今更なんですけどね。


冬はまだこれから。

しっかり身体の芯から温めまっしょい。


ゔ~~っ

今夜の散歩も寒そうだ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2fuwamoko2.blog.fc2.com/tb.php/59-a57763c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。