ふわもこ*
今はのんびりまったり。植物育てを楽しんでます♪

続・肛門嚢炎と肥満性細胞腫②

ブログに「肛門嚢炎と肥満性細胞腫①」の続きを書いていなかったので書き足し。

細胞検査の結果は後日FAXで送られてきました。



はっきりとした異型細胞ではないとの結果でした。

肥満性細胞腫じゃなかったかな?
良かったです。

で、次はお尻の方を診てもらいに再度病院へ

肛門の中を調べると、出血の原因は肛門嚢炎によるものでした。

治療法としては

獣医でもありアニマルホメオパスによるレメディーの処方と
食事療法。

1ヶ月ほどで治りました。



皮膚のサポートチンクチャー(サポートΦHif)
Med.LM2
Merc-sol.LM3
Gunp.12C
Ferr-p.LM3
Sulphur.LM1


夏の間、ご飯を毎日しっかり食べなかったので
春に31kgあった体重は、このとき27kgになっていました。

毎年夏場はバテて食欲がなく、冷房ガンガンの部屋で1日中寝て過ごす北斗さん。

全く飲まず食わずの状態ではなかったため
こちらが無理に食べさせることはなかったのですが
30kg前後がやや痩せ気味のベスト体重なので
27kgはかなり痩せた状態でした。

そこで、食事についても指導を受けました。

まず、もっと栄養をつけること。

先生「ずっと手作りよね。肉は何食べてるの?」

私「殆んど鶏胸肉と魚、たまに豚牛羊です…」

先生「もっと色々な肉を食べないと。馬は?鹿は?」

私「何でも食べてくれる子だったらいいんですけど、食べないんですよ~(泣)」

先生「うーん、そうかぁ。北斗は馬なんか食べてられるか!っていうのねww」

北斗さんは超偏食家。
お腹が空いていても基本同じものしか口にしません。

しかしそうも言ってられないので、
馬や鹿は単品だと嫌がるので、鶏胸肉と混ぜて与えたり
塩の量も増やしました。

塩自体には以前からこだわっていたのですが
取る量が少なかったようです。

北斗さんに必要な量は1日6g

良い塩を使うことはもちろんですが
しっかり塩を取ることが健康には大事なことのようです。

先生「カルシウムはあげてる?」

生骨1本を食べていたら十分みたいですが
卵の殻、桑の葉、小魚、野菜を与えているのでカルシウムはok

また、亜鉛補給にしじみの煮汁を与えていることもok


丁度涼しくなってきたこともあり
食欲も回復し、しっかり肉付きがよくなりました。


そうなったら今度は体重増加で脚がイタタタ…

仔犬の頃から股関節形成不全と診断され
将来は人工関節に…と懸念されていただけに
なるべく脚に負担が掛からないように
体重制限を常に意識してお世話してきましたが

痩せすぎたら免疫落ちるし
体重が増えたら脚が悲鳴を上げるという…

老いれば老いるほど日々のお世話による体重コントロールが
この頃から今までより一層気遣うようになりました。





ブログランキング・にほんブログ村へ

最後まで読んでくださりありがとうございました!



スポンサーサイト

Comment

私と同じように悩んでる方がいて気になりましたら
誤診に直面して誤った薬を投与された私の体験談なのですが、参考にしてください。

難病で苦しんでいる方が居るのではと思うと、他人事とは思えないので書かせてもらいました。


アンジュ女の子8歳1.85kgなんですが、生まれつき内臓はどっこも悪くなく、予防接種くらいしか病院には行かなく至って健康だったのです。
ところが、3年前から手首関節がおかしくなり大阪では超有名な関節専門の「F」動物病院に紹介されて行ったのですが、、、、
リウマチの疑いということで抗がん剤投与されてしまい・・・全く歩くことができなくなったんです。怒怒怒!!!

再生医療の幹細胞の治療で少し立てるようになりました。
その後、歩けないのでステロイド投薬にしたのですが、副作用で肝臓の数値が。。。

臨死体験した人の紹介で心臓や肝臓など臓器系からリウマチやせき髄損傷やガン腫瘍など色々な難病の症例回復事例があるの「人間」機械があるんですが・・・と教えてもらい使っています。
見る見るうちに軽快に歩くようになってきました。
後ろ足も靱帯損傷しているのですが、痛みが和らぎステロイド、抗生剤の投薬量も減らすことができるようになりました。
全く歩くことができなくなった可愛いアンジュちゃんが快癒に向かっているのが嬉しいんです。
血液検査の数値も正常値になり、かかりつけのお医者さんもビックり?!

人間のために開発された機械なんです。電気治療ではありません!
CTを発明した博士が作った磁場発生装置(セルパワー)なんです。
自分の性格的にあまり信用しないのですが、糖尿病がよくなってうれしい悲鳴なんです。
お医者も半信半疑だが血液検査の数値がよくなっているんです。

※ガンなど色々な難病の症例回復事例があるみたいです。
(実体験したわたしは、猜疑心と格闘してましたが、今では信頼して使っています。)


※私と同じように悩んでる方がいたら教えてあげてください。
お試しあるみたいなので「鎌田」と言ってもらえれば優先的に対応してくれるはずです。
必ず、名前言ってください。
ペット用ではありません人間用ですので尚更です。
http://ameblo.jp/itshop/entry-12161943276.html

※手遅れにならないように、お困りの方はお問い合わせして少しでも楽にさせてあげてください。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2fuwamoko2.blog.fc2.com/tb.php/197-58d9a98a