ふわもこ*
今はのんびりまったり。植物育てを楽しんでます♪

北斗さん初めてのQX

先週から度々嘔吐をした北斗さん。

イカペックのレメディーや、RXIcho。
チンキのササ、クエカス、アルファルファAut
サポート肝臓、サポート腎臓などをとらせていましたが

嘔吐になる原因は様々だし、分かりにくいので
セルフケアで困ったときにいつもお世話になっている
獣医でもありホメオパスでもある先生の病院へ
ホメオパシーの健康相談の予約をしました。

予約はすぐ取れ、翌日連れていくと
嘔吐の原因をQXで調べてみることになりました。

このQXというものはエネルギー測定機で、元々は
宇宙にいる宇宙飛行士の健康状態を
地球から遠隔で把握するためにNASAで発明されたそうです。

しかし、軍事目的だったか何かよからぬことに
使われそうになったので発明者がQXを持ってルーマニア(?)に亡命し、
そのルーマニアでホメオパシーが盛んだったこともあり
健康状態などを知るためにQXが使われるようになったとのことです。

ホメオパシーを始めた当初は、ちょっ、マヂか!??www
と、胡散臭さMAXで大爆笑した記憶があります。

5年前に胃捻転で亡くなった愛犬が皮膚病で
ホメオパシーの健康相談に掛かっていたとき何度か
QXを使われましたが、まぁ私には内容を伝えられないし
相変わらず謎のまま…

私自身がホメオパシーの健康相談を受けたとき
(主訴は頸椎の怪我による後遺症改善)
「ほら、みてごらん。」と、QXに出た内容をみせてもらいました。

え? みせてもらえるの!? やったー♪
と、QXを使って出たPCの画面を興味津々で覗き込むと…

私が日頃から激痛に悩まされていた場所が一目瞭然。
ピンポイントで出てました。
何だ私めっちゃ測定されてるやん。
あまりの正確さにひたすら驚くしかなかったです。

また、

感情面の問題も出るので12だったか14だったか(うろ覚え)
そのときの母親との問題がトラウマとして残っているとか
尋ねられても覚えのない数々のトラウマがわんさか画面に出ていました。

でやっぱり、

ホメオパシーは根本治療をしていくので、このような心身の不調を
同種療法により触発して自身で解決していく感じなんですけど…
(前置きだらだら長くてごめんなさい。)

北斗さんも高齢になり、今までのようにセルフケアで
カバーし辛くなって、獣医でありホメオパス(ホメオパシー専門家)の
お世話になっているのですが、QXは未だ使ったことがなく
控えめな感情表現の北斗さんが、感情的な面で
どう出るのか一度は知ってみたいと思っていましたが
なかなかする機会もなく…

今回は嘔吐はするけど、快便。
見た感じ元気。

うーん…

勿論、血液検査&CTで調べるのが最善ですけど
そこまで深刻な状況でもなさそうなので
まずはQXで原因を調べることになりました。

特に、言葉を話せない動物は
症状に対し、原因が色々考えられる場合
QXで調べると分かりやすいそうです。

そうして出てきた答えはf

「 胆嚢 」

胆嚢が断トツによろしくない数値が出ていたそうです。


…っっ!!
そうそうそう!
そう云われると私も随分前から気になってました!

占星術でみれば北斗さんの天体の配置、火星が強烈だし
(ホメオパシーで火星が司る臓器は胆嚢)
実際、油にすごく敏感で
若い頃から少しの油分ですぐ下痢。

ジューシーなお肉が大好きだけど、身体は超無理~
脂が乗ったお魚もダメダメ~

手作り食ではいつも油分に気を使うし
健康診断で引っ掛かることはなかったけど
きっと胆汁の出が悪いんだろうと思ってきたので
普段からレメディーのサポートK-T
ティッシュソルトのナトリウムソーファー、マンガンソーファー
肝臓や腎臓のサポートのチンキには、胆嚢に有効な
タラクシカムなどが入っているから積極的にあげてましたが…

うう、やっぱ胆嚢かぁー

それでもまぁ、臓器サポートしている甲斐あってか
連動して肝臓腎臓などの他の臓器はまぁまぁ許容範囲内だそうで。

時期的に、肝臓+α胆嚢の季節だから
活性化されて嘔吐が続いたのかもしれないし。

とにかく胆嚢を重点的にケアしていくことになりました。



先生曰く、胆嚢には
チコリューム
という、キク科の植物が良いそうです。

このチコリュームのチンキと、
匂いがキツイけど浄化作用の強いハイドラスティス
身体を広範囲でカバーしてくれるタラクシカムのチンキに
イカペック・アーセニカムなどなど
レメディーが数種類入ったチンキを薄めて1日3~5回
とらせてしばらく様子見です。


ブログランキング・にほんブログ村へ


最後まで読んでくださりありがとうございました!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2fuwamoko2.blog.fc2.com/tb.php/137-6986fa90